瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
謹賀新年
inosisi

あけまして おめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年も宜しくお願い致します。

sacra
スポンサーサイト
収穫祭
nabe

今年も無事に秋の収穫を終えることが出来ました。

去年ほど手間を掛けることが出来なかったので、それに見合った内容となりましたが・・・

友人の好意もあり、念願のサツマイモ以外にも、牛蒡や生姜や里芋など取れたての根菜たちが食卓を賑わしてくれました。

日中は日差しも暖かですが、朝晩はめっきり冷え込みます。
ホクホクした根菜たちは芯まで暖めてくれるんですね。

庭の柿木に毛虫が大量発生したため、草取り、芝刈りと久しぶりのお手入れ。。。

ヘトヘトになりながらなんとか・・と思いきや、フーテンの猫太郎が大量にお土産を置いてっているではありませんか!

こんもりだしクッサイし、最悪の事態。。

一部緊急オペ後、日も傾き風も冷たくなってきたこともあって、残りは次回へ・・・

ホッと一息後、ちょっぴりスッキリした庭で宴が開かれました。

冬は外で鍋もオツなもんです。
ちなみにモツ鍋。

あったまるー


sacra


ギフトショー
第62回東京インターナショナルギフトショー 秋2006

が、本日9月5日から8日までの4日間、東京ビッグサイト(国際展示場)で開催されています。

ワタシも、今回sacra代表のサブとして店頭に立っております。

この9月から始まる『フローリストケース』の大々的な告知として参加したこの展示会にもし興味のある方は、ゼヒゼヒ遊びに来てください。
gift1


場所は東館5ホール『フラワー・グリーン&ガーデングッズ』になります。
まわりには色とりどりの花器やホームファニングなど、生活を潤わせるような雑貨たちが目白押しです。

gift2


簡単な場所位置です↑↑


足を運ばれた方、どうぞ気軽に声かけてくださいね。



美容事情
韓国で『冷麺』
香港で『雲呑麺』
タイで『センレック』
博多で『とんこつ』。。。。。とかく麺好きです。ワタシは、もっぱらアジア人です。

今でも、日本のファッションやサブカルチャーは同じアジア圏の若者文化に大きな影響を与え続け、それを餌にビジネスでのし上がる大人のエゴや国民性とぶつかり合い、各国の独自性を持ったものに変化しているのですが、特に、ここ3年ほど前から、『カリスマ』の言葉が定着した『美容師』業界においての変貌が大きく見られる気がします。

 korea

日本のメジャーな美容師や美容室スタッフが、技術や意識やセンスを交流できるイベントのため、既に何年かに渡って香港に出向いたり、九州では韓国美容関係者を招いた美容イベントが行われたりしてます。

香港も韓国もタイも、美容室事情や、おしゃれ感度にはあまり差は無く、スタッフ自身のファッションセンスに日本とは温度差があるくらいかな・・・と街を歩きながら感じたことがあります。

一番身近な、韓国の美容業界は中でもすごいスピードで時間が流れているようです。
韓国には超大手チェーン展開している美容室があります。
一企業レベルとして、ロンドン、パリ、ニューヨークに既に足がかりを作っているとか。。。

海外出店する日本の美容室は『看板』的な意味を強く持たせているように感じさせますが、それに比べると、韓国美容室企業はビジネス勝負に行ってるよなぁ~・・・と、ワタシだけでしょうか。

年間の売上高が数百億ウォン台に上る美容室が登場したかと思えば、10億ウォンを投入してリニューアルした美容室もあるそうです。

美容室バブル?。。イヤイヤ。

子供専用の美容室、男性専用の美容室など、美容室も顧客層によって細分化させることで、店舗の差別化や、ニーズに対応できる窓口の幅を広げている感もあります。

ワタシは個人的に好きなのですが、まだまだ日本では馴染みの薄い化粧品メーカー『AVEDA』は、大型美容室などと契約を交わし、自社製品を独占的に供給しているようです。

それはちょっぴり羨ましいですね。
東京・青山にありますから、気になる方はチェックしてみてください。
『AVEDA』オフィシャルサイト

一見、ニッチなターゲットに見えますが、床屋さんや器用なママのおかげでゾーンから外れていた男性と子供は今や重要なお客様。
ターゲットを広げることにより、全体的な取りこぼしも少なくなるようです。
結果、利益↑。
 
男性専用美容室が安い価格を売りにした反面、子供専用美容室は高い価格でママさんたちの人気を得ることができたそう。
各店、子供を飽きさせないように趣向を凝らしてます。

確かに、遊び感覚で行ける美容室が日本にもあれば、美容室を利用する人も増えそうですね。
korea2

男性格安の5,000ウォンは600円くらい。『安床』もびっくりの値段です。
それに対してチビッコ20,000ウォンは4倍。
韓国パパは複雑でしょう。。。

もともと韓国の美容室は価格が魅力的です。
日本語を話せるスタッフが多いためか、日本人観光客もよくサロンに行く話を聞きますから、わりに安心してお値打ちに利用できるのかもしれませんね。

大体カットの平均価格は10,000~15,000ウォンと聞きますから、およそ1,200~1,500円とお値打ちなもんです。これだったら、気軽に行けそうですよね。

現在、推計される韓国全国の美容室の数は8万3000店。
生き残り競争は等しく始まっています。


無料カタログを希望の方(シザーケース)



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。