瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
健康にきれいになるために
インフルエンザがピークに来ているようです。

秋に打ったワクチンが良かったのか、今年は酷い風邪をひくこともなくいたって健康。
が、年末から食べ詰めだったせいか、体重計は大変な数値を指していた。
そんな人、多いはず。ワタシは+3kg。
おかげで食欲なくなって、体調が悪くなりかけの体にウイルスですから、週末撃沈の人も多いでしょ。そこで減った体重は、痩せたわけではありませんので、皆様もご注意下さい。

風邪を引くと食べさせられる「お粥さん」←ワタシの地域ではこう呼びます。
5節句の初め、人日に食べる「七草粥」は、お正月に疲れた胃を休ませる意味として一般的。
まぁ、昔からこのサイクルは脈々と続いているわけです。
「体=内臓」疲れは、食べることが薬と考えられた古来より、季節による食材や地域風習に差はあるも、意外に今の生活にも根付いている。
七草は薬膳としての役割だけでなく、家族が健康に過ごせ、無病息災を願ったりもしたそうだ。参考までに、七草の効能はこのように言われている。
セリ・・・・貧血、消化を助け、便秘、冷え性、風邪に効果的。
ナズナ・・・解熱、排尿、貧血、視力、高血圧、風邪の予防。
ゴギョウ・・咳、痰、吐き気、解熱、胃炎、風邪の予防。
ハコベラ・・強心、整腸、排尿、口臭。
ホトケノザ・健胃、整腸、歯痛、筋肉痛、高血圧。
スズナ・・・消化、整腸、解熱、便秘、貧血、霜焼、雀斑。
スズシロ・・消化、整腸、解熱、便秘、咳、痰、神経痛。


スバラシイ。
冬は野菜の摂取が不足しがち。
これだったら別に7日だけに限らなくてもイイじゃんってことで食べときました。
お餅も一緒に...orz

多くのビタミン・ミネラル・食物繊維など、七種類の野菜をお粥に入れて食べることで暖かい春へと備えたのかもしれません。
また七草には、高酸化物質も多いと言われ老化を防いでくれる。
そうか。
復調して、痩せられて、きれいになれるのなら1石3鳥。
昔の人の知恵はホントにすごいです。
やってみようか、『お粥ダイエット』。

そういえば、コメ文化圏では、大抵「お粥さん」を食べてるなぁ。

中でも、タイで食べるお粥さんは忘れられません。
今でもタイに行ったときは必ず食べまする。

いろいろなお粥さんがありますが、私は肉団子に生卵、生姜たっぷりでいつも食べます。
暑い国で熱い食べ物を食べ、体が熱くなる感覚がとても心地よいです。
汗をたくさんかくので、代謝が上り、お肌ツヤツヤ。

そして、食べたあとは『マッサージ』ですなぁ。
タイの古式マッサージは世界一と言われるくらいですからなぁ。
そりゃ、気持ち良いものです。
この組み合わせで、風邪を治したこともあります。

2500年間も医学の一環として研究されてきた技ですから、ただ健康になるだけでなく、『健康になる⇒美しくなる』わけです。

料金にバラつきはありますが、日本の20分半端マッサージを考えれば、たっぷり2時間は格安で出来るわけですから、しないわけにはいきません。

こうして『毒抜き』をすることで、また仕事をがんばれるのですから。
ん?
今日の結論。
『お粥さん文化=きれいになれる』

明日はまた冷え込むらしいですよ。
お粥さんは『鳥』ダシでつくると美味いですよ。
コレで温まりましょ。
豪雪地域の方には、くれぐれもお体ご自愛下さい。



無料カタログを希望の方(シザーケース)


スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。