瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
海のしずく
『海のしずく:ros marinus』

このラテン語源がとてもきれいな『ローズマリー』
地中海の青が似合うイメージがあります。

rose


初めての出会いはイタ飯屋さん。
パラフィンに包まれたスズキの蒸し焼きのお腹の中に、香りの高い『ローズマリー』がひそんでいました。

頭がボーッとしてるときに気持ち良い香りです。
精油として比較的多く使われるオイルだそうです。

ポットに入った苗を、いい香りだからといって葉を揉みすぎると、指からすごい匂いとなって攻撃してきますから、ご注意下さい。

実験始めました。
鉢に、低木として上に伸びる種類とワサワサと横に広がる種類を寄せ植えしてみました。

どんな茂り具合をみせてくれるでしょうか。。。


無料カタログを希望の方(シザーケース)


スポンサーサイト
香りの効能 お腹グーグー
なかなかマメに行けない畑もどうなったことやら・・・・と思いを馳せながら、自宅でも小っちゃな菜園を楽しんでみようと、以前用意した土にやっと種を蒔きました。

ワタシは庭をハーブで賑やかにしたくて、いろいろと交渉したのだけどなかなか思うようには行かないものです。
やっと、園芸店⇒ホームセンターへと足を運び、アレコレ物色するのですが、見るほどに目を引く『ハーブ』たち。

kare


先日、朝のフジテレビで『スパイス』の特集が放映されたようです。
いつの間にか台所に定着したスパイスも、庭でハーブを植えて賄う人まで見かけるに至りました。

このブログで書きはじめた『アロマ』の中でも、ハーバリストとセラピストの違いはあっても、併用することにより相乗効果が得られるなどその関係性は密接し、普段の生活の中でふらりと現れてドカッと居座ってしまった『ハーブ』。

随分昔から私達の生活に根付いて使用されているものと言えば、やはり『カレー』ではないでしょうか。
本格的カレーから、洋食風、うどん屋さんでも扱うほどですものね。
『カレー』を嫌いな人は少ないと言われるほどとても庶民的な食べ物として広まりました。

我が家では月に1度カレーを作ります。
1度作ると1週間は続くくらい作っていたのですが、ありがたいことに友人達が遊びに(食べに?)来てくれるようになったので、消費も早くなりました。

寸胴鍋一杯にカレーを作るのですが、一度作ると当分家事の手間が省けるので楽ですよ。食べ方も以外に色々とアレンジできますから、およそカレー好きなら楽しいカレーライフが送れます。
野菜からの水分で初日はサラサラのカレースープ、2日目はまろやかになったカレー、3日目にはカツオでダシをたっぷりとってカレーうどんなんか美味しいですよね。

我が家の基本的なカレーの作り方は、
・ルーを2種類
・スパイスを5種類くらい
・コーヒー、チョコ、ヨーグルト、その日にあるものを使う
・野菜たっぷり
・挽肉
・余り水を足さない
をポイントに、その日の気分で作ってしまいます。
また、カレー作るのって楽しいんですよね。

多汗症のワタシは、カレーを食べると頭から汗をかいてしまうのでタオルを巻きながらの食事ですが、その見事な汗っぷりに食べながらに痩せると言われるほど。。。これで代謝も上って毒素もサヨナラ、お肌ツルツル。。。
そこまでの汗を垂れ流してしまうので、いつも一仕事終えたように満腹感と満足感とぐるぐるマーブル状になってしまいます。

そんなカレー好きのワタシが園芸店でみつけた驚きの一品。

なんてことでしょう。
その銀白色で細長い葉に小さな可愛らしい黄色い花が『匠』の技で輝いているではありませんか。。。
そしてほのかに美味しそうな香り。。。。
これは、そう、カレーの匂い。。。
えっ??

と、よくみると、その小さなポットに突き刺さる名札には『カレープラント』と書いてあります。

その葉を揉んだ指を鼻に近づけると、それまで香っていたラベンダーやローズマリーやレモンユーカリ等の美しい香りはすべて弾き飛ばされ、かぐわしいカレーの匂いに完全に染まってしまいました。

たくさんのスパイスが組み合わさってできるカレーも、この1苗のプラントにしてやられるのでしょうか。
そんな疑問を浮かべながら帰宅後調べてしまいました。

実はこの『カレープラント』のカレーの香りは、16種類ほどの成分の組み合わせによるものと考えられるそうで、カレーとは似つかない成分ばかりだそうです。

アロマの世界では、採取できる量が非常に少ない希少なエッセンシャルオイル『イモーテル』としてご活躍。
意外に重宝されるオイルのようで、皮膚の再生能力が非常に高く、新しい細胞の生成を促進し、壊れた毛細血管を修復する作用があるので、ニキビ、アレルギー、湿疹、皮膚炎、古傷、いぼ、炎症などのスキントラブルに効果が期待できるそうです。妊娠線を消すためにも利用されるんですって。
すごいですね。

希釈したオイルでマッサージなど効果的のようですが、カレーの匂いのマッサージオイルってのもどうかと・・・と友人に聞いたら、持ってきてくれました。

ほのかに甘さのあるウッディーな香りは、カレーとは全く別物でした。

『カレープラント』
Helichrysum angustifolium
キク科ムギワラ属
carry



無料カタログを希望の方(シザーケース)



もちもち
HPリニューアル作業もいよいよ終焉(?)に近づき、既にホッとしつつありますが・・・

先日カキコした『桜餅』のせいか週末は和菓子モードに入ってしまいまして、義理の妹が実家に行くとの情報を得たワタシは早速10個ばかり『いちご大福』をリクエストしてしまいました。

『長命寺』『道明寺』と桜餅もとても美味しいのですが、この時期の役者はそれだけではアリマセン!

元来『あんこ』の大好きなワタクシ、母親の実家がお米屋さんだったこともあってか、お餅を食べて育ちました。
そしておばあちゃんの作る『おぜんざい』が大好きで、よくねだったのを覚えています。

『あんこ』はかけて良し、包んで良しの品。
そこに春の代名詞『苺』が重なるわけですから、文句の言いようもありません。

高校生の頃、コンビニで『いちご大福』を初めて見たときには驚きましたが、すぐにその虜。。。

程好く甘いあんこに甘酸っぱい苺の風味と酸味。
舌で押し切れるほど柔らかな羽二重のお餅。
一つにまとまった珠の宝玉が、一噛みごとに口の中に広がる。

爽やかないちごの香りが弾み、心まで溶けそうになる頃、手は次の珠玉へと伸びてしまう。

酸味のあるフルーツだからこそ、和菓子の看板である『餡』の重たさを感じさせない。
美味しい『餡』はさらりと重さも無いのだが。。。。

・・・おっといけない。
ついつい食べ過ぎてしまう。
20個はいけますね。うん。

いちごのビタミンCをたくさんとって羽二重のようなお肌になろうと言い訳してるあなた。食べすぎはいけません。同類です。


いちご大福って、よくよく考えてみれば和菓子としては後発の商品。
今では全国で知らない人はいないのでは?と思うほどの認知度。
そのルーツは?と調べてみれば、全国で『我が店こそ!』と謳うところが意外と多かった。。

いろいろなブログやサイトで紹介されていましたが、
(画像はお借りいたしました。失礼しました)
toraya
・とらや本家/津市

oosumi
・大角玉屋/新宿区

kinnaiya
・金内屋/前橋市

tokiwa
・松田常盤堂/大津市

kineidou
・欣榮堂/伊賀市

・甘月堂/倉敷市が主だったところのよう。

おいしそーっ。

およそ昭和60年頃、偶然、職人さんの手から生まれたようでした。

つぶ餡、漉し餡、白餡、鶯餡、苺餡なんてのもあるそうです。
お餅も様々で、豆いちご大福なんてのも美味しそうですよね。
もっと色々ないちご大福がきっと全国には眠っているはず。


今回お願いした『いちご大福』は白餡と酸味のある『女峰』をつつんだ物ですが、これがワタシの一番好きな『いちご大福』に近い物だったので、なかなか自分で買いに行けなくなった今、これで春を堪能しているわけです。ハイ。

ちなみに、ワタシの愛する一品は、上記に記したとおり、羽二重、白餡、苺の組合せのゴルフボール大のまん丸とした『ゆめいちご』。

陽だまりで 夢うつつとよだれをたらす 我が身かな・・・ムニャムニャ。。。

ゆめいちご 食べたいよーっ!

suzume


無料カタログを希望の方(シザーケース)


さくらしべふる
『桜蘂降る』

朝から、『記録的な豪雨』と、キャスター・コメンテーターは口々に言ってました。
ニュースを見てびっくり。
被害に遭われた方にはお悔やみ申し上げます。

ワタシの地域も恐ろしく降りまして、 風情の溢れる『春雨』とは程遠く、まるで『春の嵐』。。。

そう。お昼のドラマみたい。。。

sakura


仕事に向かう途中途中で見かける『桜の絨毯』。

昨夜の雨のせいなのでしょう。
今年も花見を楽しむことなく程なく終了かぁ。。。

まぁ、せっかくの桜色の絨毯も蹂躙される前に見れただけ良かったかなと思ったり・・

それにしても、川面をうめる花の美しさには、毎年見とれてしまいます。
ほのかに香る桜の香りも、この時が一番の花舞台かもしれません。

『梅』は春が来ることを告げ、『桜』は春が来たことを告げるといわれています。

『蘂』も落ちれば葉が芽吹き、青々とした暖かな日はすぐそこにあるのでしょう。


『春雨じゃ,濡れて参ろう』
参る先には、桜のチップで燻した『桜肉』

そういえば、来週は『皐月賞』ですね。
心して掛からねば。。。


『久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらん』

ゆっくりと沁みるこの歌と、『道明寺桜餅』でも楽しむとします。



無料カタログを希望の方(シザーケース)



プチレッスンいよいよ始動!
随分とブログをサボってしまいましたが、これから徐々に再開していきたいと思います。

hana1


復活第1弾は、『アロマテラピー』について。

以前にUpしたとおり、友人の『セラピストの卵』のお勉強の復習も兼ねて、プチレッスンが始まりました。

記念すべき2回目は、アロマに慣れ親しむ意味も含め、その歴史とオイルの種類。
注)
このレッスンは、彼女が授業で使用したテキストと教材をもとに行われております。実際に、講師や先生をされている方がコレを見て、「それは違う!」などと間違いを見受けられましたら、ご指導の程お願い致します。


さてさて、『アロマテラピー』と言えば、皆さんもなんとなくイメージされると思いますが、もちろんその『香り(芳香)』を用い『テラピー(療法)』することから生まれた造語です。

そのもととなるものの歴史は随分と古く、今から5000年程前、エジプト文明の頃には植物の持つ効能が宗教儀式などに利用されていたことがわかっているそうです。

ミイラを作るときに防腐効果の高い『フランキンセンス』や『ミルラ』などを用いたり、あの『クレオパトラ』はバラのお風呂に入り香りを楽しんだと言われています。

ローマ時代になると600種に及ぶ植物の薬効をまとめた薬物誌が発表されたり、中世になると教会や修道院を中心に薬草医学が発展していきます。

十字軍の遠征によって、各国の医術知識、技術なども広くヨーロッパに伝えられ、ハーブや薬草などがより確かなものになっていったのでしょう。

ここで、ポイントですが、『アロマテラピー』と『ハーバルセラピー』は別モノとして考えなくてはいけません。

では、いつ頃、今の『アロマテラピー』と呼ばれるものとなったのか・・・ですが、

1931年頃のお話、フランスの化学者『ルネ』さんは実験中に火傷を負ってしまいます。とっさに目の前にあったラベンダーの『精油』かけたところ、みるみる回復したそうです。その体験から『アロマテラピー』は始まるのでした。

その後どんどんと応用されるようになった『精油』は戦争負傷者達にも施され『治療』として大きな成果を残していきました。

やはり『エスプリ』の国だけありますから、もしかしたら、フランス軍の戦場負傷者収容施設はいい香りに満ちていたのかもしれませんね。

その頃、イギリスでは『精油』を『キャリアオイル』に薄めてマッサージすることで健康と美容に活かす新しい考えが提唱され、『ホリスティック・アロマテラピー』のきっかけとなり、現在のように広まっていったそうです。

すごい歴史的背景ですね。
実際に日本に渡って20年ほどのようですが、身近に感じられるようになってきたのもここ7~8年くらい前からではないでしょうか。

hana2


昔話はコレくらいにして。。。
友人が『エッセンシャルオイル(精油)』を40種類ほど持ってきてくれたので、いろいろ香りを試してみようということで・・・

どんなオイルがどう~・・は無視して、『好きな香り』だけをピックアップ。爽やかな香りから、鼻につく香り、胸がモワッとする香り・・・など、色々です。

こんなにいろいろあるのか。。。の中から『コレッ』と思う物はやはりあるものです。
全部で6種類、好きな香りが見つかりました。

・イランイラン:Ylang ylang(Cananga odorata)
・ゼラニウム:Geranium(Pelargonium graveolens)
・ローズウッド:Rose wood(Aniba rosaeodora)
・メリッサ:Melissa(Melissa officinalis)
・ベルガモット:Bergamot(Citrus bergamia)
・サンダルウッド:Sandal wood(Santalum album)

※カッコ内は学名で、精油の種類を見分けるときの基本となり必ず覚えなくてはいけないものだそうです。

面白い結果だったようです。彼女にフムフムと言われました。
エッセンシャルオイルは『心』『体』『肌』にそれぞれ効能が違うそうで、今回は『心』に対しての共通点があると説明されました。

・イランイラン・・・神経をリラックスさせる
・ゼラニウム・・・フラストレーションやイライラを鎮める
・ローズウッド・・・ストレスがたまった時、気持ちを明るく穏やかに
・メリッサ・・・感情のバランスを安定させる
・ベルガモット・・・イライラを取除き、気持ちを軽くする。
・サンダルウッド・・・神経の緊張を和らげ、幸福感で満たす

占いみたいで楽しかったし、なにより笑えます。
それぞれに特徴的な香りでしたが、確かに優しくホンワカとしてくれる感じはしました。

そう言えば、最近、アール・グレイの消費が激しい気が・・・
精神的疲労もピークを迎えてるのかも・・・

無料カタログを希望の方(シザーケース)





けの日はれの日
4日は、おチビの入園式でした。
この1年だけ二人が一緒に通う年となるので、心して掛からねば・・・と。
nyuuenn



幼稚園の経営作戦に異論を唱えることはしませんでしたが、兄弟で制服が違うのはやはり違和感を感じます。
(フゥ~、出費がかさむヮ)

そんなことも、初めての親御さん方からすると全くもって関係なく、目に入れても痛くない我が子等に向かって、しきりに手を降る姿はいつ見ても滑稽すぎます。

周りの迷惑を一切考えない親の多いこと多いこと。。。マッタク。


この日の為にいろいろはりきって準備したのでしょう。
その気持ちはわかりますが。。。

入園式が挨拶とともに始まろうとしても、園児席と壇上の間に群がるチチハハは退くそぶりも見せずレンズを子供に向け続けます。。

副園長の何度かの促しによって、やっと横に移動しても、「○○ちゃ~ん」「△△くぅ~ん」と手を振り、無視。

『常識』とか『普通』などの言葉で片付けるのは難しいですが、それでも目に余る親が多いことに気持ちが悪くなってきます。

そのくせ、幼稚園の対応が悪いとか、安心したいからとか、親の『我・エゴ』が、子供の環境を台無しにし、問題が起これば自分は知らないなんて言いたい放題の皆様。


今年初めての試みだとかで、『説明会』がありました。

幼稚園側からすると、親に強く言えない分、幼稚園の考え・取り組み、園児の社会に対して、もう少しでも理解してもらいたいのでしょう。
とくとくと説明してました。

珍しいな。と、聞いてみれば、脅迫めいたお手紙を頂いたそうだとか。。理由も、『エコヒイキ』ですって。。。
恐い世の中ってのは、あなた方が作っているんですよ。


納得できるもの、疑問に思うことと織り交ぜながらの先生の引きつった顔に見飽きた頃、お母さん達への質問タイム。

多くのお母さん達からの質問や提案は聞くに及ばず、自分勝手なリクエストを羅列し、通らなければ「エコヒイキ」だとか「少数派のフォローも考えて」とか好き放題。。。

ヒドイ。
これが、年を追うごとに強くなっている感があります。

子は親を見て育つわけですから、親の教育から取り掛からない限り、何も変わらない『不安』の世の中にどんどん突き進んでいくことに疑問を持たないのでしょうか・・・



子供は可愛いです。
ホントにキラキラしています。
泣いたり笑ったり怒ったり、本人と同じ目線で接する社会ですから伸び伸びしています。

ですが、残念ながら、生まれてからの4年間を親のマスコット的な扱いだけで可愛がられ、『良い・悪い』の区別も教えてもらってない子達は可哀想です。

『ありがとう、ごめんなさい』が言えない子が多いこと。。

ここまでを読んでも『当たり前じゃん』『何がおかしいの?』と思われる方は、今の内にカウンセリングでも受けたほうがよろしいかと思います。
そのうち、育児放棄につながりますよ。

子供を『育てる=躾ける』は我が子に対してだけのことではなく、関係を持つ周りのお友達にも大きく影響を与えていくことになります。

自分の子供を育てることで、周りの子供達を育てていくことに繋がり、やがて子供社会を変えていけるきっかけになることにもっと敏感にならなければいけないと思います。



久しぶりに書こうと思ったら、ついつい鬱憤が出てしまいました。
お子様がおられない方には興味の無いお話ですよね。

スイマセン。。。



無料カタログを希望の方(シザーケース)


ヒィヒィ
topad


やっと今日、(仮)アップできました。

と言っても、シザーケース『Rutrap:ラットラップ』シリーズのみなのですが・・・


2006年モデルとしてリニューアルしたこのシリーズは、前作同様、クールにエッジを効かせてあるようですが、実は意外に温か味のある商品となりました。

テーマが"New Native American" <<『Rutrap』新シリーズはコチラをクリック

ナンじゃそら??
と思われる方もおられるでしょうが、相変わらず革からオリジナルで作ったこだわりなども含め、全てにおいて見ていただければそれとなくイメージ頂けるかと思います。

そして、ただ「カッコいい」だけでなく、機能性ももちろん盛り込んだ新商品。一度ご覧下さい!



・・・・そして、、、これから他のページのリニューアル作業に続いていくのでした。。。。ハァ。。。

がんばるぞーーっ!!


※商品購入ページにて修正できていない点がございます。不明な点、ご質問等ありましたら、どうぞお気軽にお申し付け下さい。

無料カタログを希望の方(シザーケース)




Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。