瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『おしゃれ』じゃなくて『洒落た人』
hanabi

今週末に岐阜市の長良川河畔で大きな花火大会が開催されます。

毎年とてもたくさんの人が集うこの大きな花火イベントも今年で50回を迎えるそうで・・・

身近でもなかなか見に行くまで至らなかったこの花火。

今ではとても思い出深く、ワタシの人生に文字通り『花』を添えるものとなりました。


これからお盆にかけて各地で同じように花火大会や盆踊りなど、夏の風物詩と言える伝統的な行事で町は賑わいをみせますよね。

毎年、今年こそは!と思うけどなかなか手に入れることのできなかった『浴衣』。。。

やっと、袖を通すことができたことがどんなに嬉しいことでしょう。

必要に迫られた訳ですが、理由はともかく着る日が実に待ち遠しいです。ハイ。

今までは『甚平』や『作務衣』を愛しておりましたが、やはり日本人なら着物に憧れる人も少なく無いはず。

自分もカッコつけてイキがって着てたミですから、ギャル男君たちを否定する気持ちはありませんが、何が『粋』かってことに早く気付いた方が良いのはマチガイありません。

本物が残る時代と言われ、それを感覚的にでも分かっているなら尚更ですよね。。


うちの社長のご実家が呉服屋さんを営んでおられるのですが、こちらではまさに『本物』を紹介してくれます。

数ある中から自分の好みに合った『反物』を選び、『帯』や『下駄』や『小物』をあわせていくのはとても楽しい時間です。

この時期になると欲しくなるんだけど・・なんて着る機会が無いようなこと言って結局あきらめちゃうヒト。

ワタシもそうでした。

なんてことは無い。着ればいいんです。着れば。

庭に長いすを置いて、うちわに蚊取り豚、すいかでも頬張れば後は線香花火でいいじゃないですか。

そういえば、郡上の盆踊り始まってますねぇ
gujo



浴衣で夏を楽しみましょ


sacra




スポンサーサイト
土曜と土用
久しぶりに晴れ間を見せた土曜日は、久しぶりに顔を合わすお日様が「コレでもかっ!」ってはりきってました。日照時間の少ない国の人たちの気持ちがちょっぴりわかった気がします。

タンクトップ姿で外に出れば、ジリジリと肌を焦がす羽目に・・・
水シャワーが気持ちいいです。

天気が良いと気持ちも晴々とするもので、機嫌の悪くなりそうなエンジンちゃんに火を入れて、風をビューンと切ってまいりました。
bike
(良い子のみんなは真似しないでね)

暑くなると食欲不振でソーメンに走りがちなんですが、最近は食生活と眠りが非常に不規則なので、タップリの食事グッスリの睡眠を渇望しておりました。

一晩寝れば、また雨。。。
土曜が過ぎれば土用日です。
ワタシは鰻が大好きです。

なのに、この大事なイベント日に食べることができませんでした。
コレは、正月に雑煮が食べられないのと同じくらいショックなことです。
そう。チックショーッです。

ですが、今年は『二の丑』のある年。
そう、2回も鰻を食べる日があるんです。
まさにダブルチャンス!!

また8月4日に食べればいいじゃん・・と自分にそう言い聞かせながらお昼に市場に行ったんですね。
そしたら、あの芳しい香ばしい甘い香りが鼻をくすぐるじゃありませんか。

『豆腐かつ』をやめて、お弁当屋さんでご飯を買い、魚屋さんで鰻を焼いてもらって鰻丼の完成!
unagi
残念ながら星2つでしたが、昨日食べれなかった分ヨシとします。

やはりこの時期に鰻を食べないのは、クリスマスにケーキが無いのと同じことです。

この時期には「精をつける食べ物を摂る日」を義務化してもいいんじゃないかと思うのですが、意外に鰻嫌いのヒト多いみたいで。

今から1300年くらい昔、奈良時代の大伴さんなんかは、夏痩せゲッソリのお友達に鰻を食べるようにすすめる歌を残してます。

古来から日本人には掛け替えの無い存在として『鰻』は身近にありました。

本当に美味しい鰻を食べれば、日本人のDNAが震えるはずです。

さて、一番脂が乗っているのは冬ですから、鰻の旬は冬でございます。
鰻好きなら、冬に食べないわけにはいきません。
丸々と太った『アオ』なんか、もう最高に美味しいんです。

逆に初夏の鰻は脂が少なく、身もわりと淡泊です。
脂が苦手な方は、腹身より尻尾あたりのほうが更にあっさりとしてます。

これを白焼きで山葵とお塩、もしくはお醤油で食べると激ウマでございます。

独断ですが、白焼きなら関西風、蒲焼きなら関東風がオススメです。



sacra





休みに何をする?

今日が終業式?終了式?のところ多いんじゃないでしょうか。
これから夏休みなんて、当たり前の生活をしていた頃が懐かしいです。

とうとう今週は雨降りで終わりましたね。

全国各地では雨による被害が多発してます。
自分本人だけが気をつけて何とかなるものでも無いでしょうが、まさかに備えておきましょう。

うちもそろそろ地震グッズの見直しをしなくては・・・

mesi

そうは言ってもお腹は空きます。
↑ココはオフィスの近くの公設市場。
最近はココで買い食いするのが日課となってます。

さすがに街中だけに「安いっ!」と言うほどでもありませんが、あの雰囲気と小分け売してくれる食材の便利さについつい惹かれるのはワタシがまぎれもなく昭和の人間だから。。

ここの揚げ物屋さんで売られている『豆腐カツ 120円』は超オススメです。


さて、昨日日記にも書いたとおり、『白洲次郎』その人を知ろうと本屋さんへ出向きました。
jirou2


今週は、男を勉強させていただきます。

オス。自分は不器用ですから。



sacra



ダッ ダッ ダッ ダッ ダッ。ダンディズム
これから本屋さんに走ろうと思います。

ある人と出会い(?)ました。いや、実際に出会いたかった。。。


ワタシが初めて『ジロー』と出会ったのは小学校の頃スクリーンで。。

衝撃的な感動の嵐、タローとジローの兄弟は過酷な南極で無事生き延びるという伝説の男。

その次は、中学校の頃。寝付けない夜のお供はいつも推理小説。三毛猫ホームズの大ファンだったワタシはその著者である赤川次郎に触れることで朝まで過ごしました。

石川次郎。雑誌ポパイの元編集長。ファッションだけでなく、そのライフスタイルは昔から変わらず次郎スタイルとでも言うべき憧れの存在。

「自分は不器用ですから・・・」なんてしびれる言葉で有名な健さんが出演した『鉄道員』(ぽっぽや)は涙ナシでは語れない男のカタルシスを浅田次郎さんから受け止めました。

ジプシーや商人、マジシャンが出てきそうな錬金術時代をイメージさせ、サウダード『郷愁、哀愁』が心に飛び込んでくる宮崎次郎さんの描く世界観は誰もが持っている『切ない』部分を擽ってくる。
miyazaki



今日、スゴイ刺激を受けました。

『白洲次郎』この人を知りたい!
jirou




久しぶりにワタシの好奇心をガタガタ揺さぶってくれました。

テレビみたかったなぁ・・・


図書館に行って『その時歴史は動いた』をかりてこなくては・・



友人の次郎もコレまたアツイ男なんです。。。





sacra


宵の雨
祇園祭終わりましたね。

日曜日、誕生日祝いをしてくれるってんで、実家に久しぶりに帰りました。車で小1時間くらいなんですけど。。

リタイアした彼らは、まだ『余生』と言うほど老け込んでも無いのにのんびり過ごしております。

家もワタシが住んでいたときに比べると随分ときれいになり、バリアフリーで快適空間、庭にはウッドデッキなんか作っちゃって。。。

雨がさらさらと降る中、すだれ越しにみえる空が微妙な表情をしています。

紫陽花にカタツムリって今年初めてかも・・

夜は大雨かな?

フラッシュバックしました。


「さおや~♪ さおだけ~っ♪ よしず~ よしず~♪」

チビッコの頃、この時期にはこんな歌声が近所にこだましていました。


お日様がカンカン照りの日中でも、家の中に入ると涼しい風が吹いてました。

壁に立てかけた『よしず』と軒先から垂れた『すだれ』。

コレがあるだけで随分涼しいんですよネ。


最近は『よしず』を目にする機会が少なくなってきました。

畳の部屋でよしず越しの風で夕涼み・・・

冷えたトマトに、瑞々しいキュウリ。

エビス、ちょっとした贅沢な時間。。。





sacra



晴れたらイイネ
ゼロ金利が解除されましたね。

公定歩合も引き上げになり、住宅ローンを考えてる方には微妙な時期となりました。

銀行の利息も0.001%から0.1%って オイッ

世界でも類をみないゼロ金利政策でしたが、デフレ脱却感もないまま終了です。

そんなニュースがワタシ達の生活にリアルに感じられるのでしょうか・・・

以前、竹中さんが言ってました。

「『景気が良い』を一般的に感じられるのはタクシーがつかまりにくくなってきたトコロ」だとか。。

お金を使う人がたくさん増えてこれば、消費も進んで景気も良くなるって。。。

我が家では、早くも銀行ローンの金利が上がることで家族会議に。

随分払い込んだと思ったのに・・・・

またまた払い込み期間延長とは。。。。

我が家のデフレはあと35年かぁ~(泣)

さて、連休晴れるといいでね


ムンムンでモンモンです
毎日「暑い 暑い」と言っていると頭がおかしくなってきますが、今年の梅雨は近年に例をみない感じがします。

とにかく湿度が高い最近のその嫌な重たい空気にうんざりする人だらけでしょう。

梅雨・台風と気圧の変化が起きやすいコノ時期、マイサンにとっては喘息の発作が出やすい理由としても嫌な時期。

特に汗をたくさんかくので、湿度が高いだけでも、アトピーには地獄なのに・・・

すっかり滅入った顔を見る度に、申し訳なく・・・

これから夏本番にかけてエアコンがフル回転しそうです。


この陰気な日本の夏を昔の人々はそれをも楽しんでいたようです。

『涼をとる』という言葉があるように、様々な工夫を凝らし夏を過ごしていました。

当然、今のような鉄コン筋クリート世界ではありませんから、今よりもグッと過ごしやすい気温と湿度の美しい日本だったのでしょうが。。。

単純に『暑い』理由だけではありませんが、年々女の子の露出は上がり、今では「それで いいんですか?」状態もチラホラ。。。

男の子もどんどん進化して、裸族手前に来てますよね。

ワタシのオフィスでも、目の前に裸族手前の男の子が3人もホルモンをムンムンと垂れ流しています。

皆さんおそろいで、『白のタンクトップ』
tank3
←--あくまでもイメージ図です☆


コレでもかっ!て言うくらいに、夏の制服っぽく着こなしております。

まさにムンムンです。鑑賞希望の方はどうぞコチラまで>>map

ワタシがチビッコの頃には、家の前に『打ち水』をして長いすに団扇を持ったおっちゃんが白いランニングに短パンで夕涼みをしている風景をたくさん見ました。

裸の大将、山下画伯も白いランニングに短パンでしたね。

そんなことをリアルに思い出させてくれる。そんなおしゃれ。

夕立のあがった匂い、茹でたとうもろこし、冷たいスイカ、ビールの横の枝豆、赤く染め上がる空にはコウモリがハタハタと飛んでいました。。。


プヨプヨのワタシは先に体を鍛えなおしてきます。。。



無料カタログを希望の方(シザーケース)





時と金は大切なんです
以前にタイのことに触れました。

ワタシはタイが好きです。

10年以上前ですが、TVCMでいしだ壱成が『タイは若いうちに行け』と言ってました。
ごもっともです。いしだくんバンザイです。

後にも先にも、彼の残した金言です。といっても、CMですが。。。

ワタシも若いうちにその虜になり、その後幾度か彼の地を踏みました。
帰国後、毎回「しまった・・・」と時計を購入するのを忘れてしまうのですが、見たことありますか?
thai


温かい国はどこか緩やかな時間の流れがありまして、タイに限らず、広く東南アジアではのんびりとした景色以前に、ゆったりとした時の流れが全てを包んでいるようで。。。

そこで生活するのは大変です。
遊びでその時間に浸るのは心地よくても、根っこはTOKYOタイムに浸かっている人がいきなりそんな流れに身を投じるわけですから、それからかかるストレスに溺れ死んでしまいます。

沖縄には『うちなータイム』という沖縄時間があります。
沖縄タイムスは新聞ですから関係ありません。

ここ数年で沖縄に移住する人がメキメキ増えています。
半分以上の人は生活から生まれるギャップに逆に疲れ、また戻っていくそうです。

タイに住む友人も、沖縄に住む友人も、最初は戸惑ったと言っておりました。

どちらも現地の人たちは大らかな人が多いのはそんな独特な時間の中で生まれ育ってきたからでしょうか。

他にも共通点があります。

ご飯。

食材や調理法など似たところがたくさんあるので、それを探すのも面白いです。

美味しい食事、人とのふれ合い、自分に向き合える時間。。。

大切ですよね。


郵便局で仕事をしない郵便局員を目の前に、30分以上も無意味に待たされるストレスが街では当たり前のようにおきているんです。コノヤロー

完全な民間企業になれば良いのに・・・



無料カタログを希望の方(シザーケース)


ネバリンコ
朝晴れれば午後からは雨が降り、こもる湿気が眠りの邪魔をする。。。
週末は特にひどくありませんでしたか?
tenki


もともとエアコン嫌いのワタシですが、この天気にはさすがに参りました。
ドライドライドライです。
そして、カビないす機能発動!←----知ってます?カビない機能なんです。うちのエアコン。

単なる寝不足だったような気もしますが・・・

天気がすぐれないと、気持ちもすぐれません。
それどころか、カンタンに人の機嫌を損ねてしまいますし、女性にとってはお化粧にも時間がかかり、またイライラの原因にもなりますよね。

いよいよ本格化してきた台風シーズン。
九州地方では大雨で土砂崩れかと思えば、フェーン現象で猛暑の真夏日と、よほど大らかな人でもうんざりされているのではないでしょうか。

本日も日本海側では温かい風が韓国側から吹き込んできているようで、30度を越す暑い日となり、すでに海開きって話も聞きました。

急激な暑さは体にものすごいストレスを与えます。
朝食が満足に食べられないなんてこと、これからおきますよね。
(朝食抜かれている人は話が別ですが・・というか、ワタシには考えられませんが・・)


昼食を軽く済ませようとコンビニになめこ汁を買いに行きました。
レジのパートさんが『今日は7月10日、納豆の日です。みなさん納豆巻きを食べて夏バテを吹き飛ばしましょう!』と。

知りませんでした。
食卓に並べば毎日でも食べてしまう『納豆』。
その納豆を改めてありがたがって食べる特別な日があるなんて。。。

詳しくは 納豆学会 で。


ワタシは納豆が好きです。

はなまるのヤックンには負けますけど。。。

最近はアボカド納豆にはまってますが、今夜は我が家に伝わるスペシャルなネバネバ料理を食べることにおばちゃんを遠巻きに見ながら固く誓いました。コレで夏バテなんてサヨウナラ。。。

納豆バンザイ。             ・・・キラーン☆





無料カタログを希望の方(シザーケース)





まねっこ
crocs2

うちのデザイナーは暑くなってきても長袖を着る人間ですが、素足になるのは誰よりも早く、1年のうち3分の2はサンダルで生活しています。
ワタシがビルケンを好きになったのも彼のおかげでした。

ワタシの場合、オサレさんではありませんので、ただ楽したく、ただダラダラとサンダル生活になってしまいます。

近所のマユゲの無いおにーちゃんがツッカケを履いてママチャリに乗る姿を子供ながらに見て不思議に思ってたのを思い出します。
大して変わりないなぁ・・・

交通事故で左ひざを悪くしてから、長時間歩いたり激しい運動をしたりすると階段が下りれなくなるほど激痛が走ります。

これからどんどんひどくなっていくのかぁ~。。。グルコサミンだなぁ~。。。なんて思ってた下向きな気持ちを投げ飛ばしてくれるサンダル君に出会いました。

『CROCS』

このあまりの軽さに驚き、長時間履いてても疲れ知らず。

謳い文句が本当か自分で過酷な実験を試みました。。。

ワタシのような人間にはまさにピッタンコ!

カラーも豊富で形も可愛い、価格もお値打ちとくれば文句ナシ!

おかげで膝の不安もある程度は解消されました。

毎日ラクチンですっ。
crocs



早速2足目に買ったタイプは、汗かきのワタシにはちょっぴりムレ気味。

サンダルは体に合った、自分にあったものを選びましょう 笑



無料カタログを希望の方(シザーケース)



夏の涼
ようやく一息。。。
振り返ってみると、対応に追われて追われて既に半年以上・・・
今回もしんどかったです。

こうしんどいと甘いものが食べたくなります。

以前紹介した燃焼系ダイエットから、体質を変えていこうと食事の制限も自分なりにするようになりました。

ですが、やはり甘いものが欲しくなる。

甘いものは単純に『美味しければ良し』では満足に値しません。
食べることで心も満足できなければ『甘味(かんみ)』ではないのですから。。

よく、甘いもの好きって話になると『ケーキ』?『和菓子』?となります。
甘い物好きなんだからどちらも好きに決まっています。
どちらかだけを選ぶ人は甘い物好きではなく、ケーキ好きかあんこ好きでしょう。。

甘いものが好きな方なら、既に全国区の名声を得た『伊勢の赤福』は知らないわけがございません。
夏になれば、赤福餅の乗っかったカキ氷『赤福氷』もその代名詞。

その赤福さんでは毎月1日に『朔日餅(ついたちもち)』なる限定菓子を販売します。
趣向を凝らしたこの朔日餅は味ももちろんのこと。

youkann

この7月の朔日餅は『竹流し』

七夕までの夏至の間、ジメジメした日が続いたり、時折見せる猛暑の七月。

よく冷やした『水羊羹』の口当たりは甘い物好きには格別です。

水羊羹は・・・というあなたでも、赤福の水羊羹は何と言っても赤福の味がする水羊羹ですから、絶対気に入るはず。

青竹の中に赤福の餡を水羊羹にして流し込み、熊笹の葉で蓋をしてあります。

節側に穴を開け、取り出すのにちょっとコツがいりますが。。。

にょろん♪とでてきたニョロニョロ赤福は瑞々しい感触と爽やかな竹の香り、程よい甘さを振りまきながら、口の中を泳ぎます。

ついつい美味しくて「まーいっぽん、まーいっぽん」と止まりません。

この時期だからこその満足を与えてくれる一品。

ワタクシ、ちょっぴり癒されたようです。



無料カタログを希望の方(シザーケース)



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。