瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
さいかちむし
kabuto

お出かけしない日曜日は、朝から子供向けのテレビ番組で始まります。
当初は付き合い程度だったのが、今ではワタシ自身が食いついて見てしまうようになりました。

仮面ライダー、ウルトラマンなどのスーパーヒーローを見て育った世代のワタシ。

『仮面ライダーカブト』が今のマイヒーロー。
チビッコの頃に同じカブトムシ系の『仮面ライダーストロンガー』ってのがありました。
必殺技をマネて絶叫する子らを見ながら、オジィとオバァは「そっくり」だとつぶやきます。30年経ってもその光景は変わらないようです。

いつの時代も、子供にとって『カブトムシ』は最高のステイタス性があるんです。
さしずめ百獣の王的存在とでも言うのでしょうか。
「昆虫王者」なんて言葉もあります。

あの頃は、たも(網)と虫かごがあれば一日中遊べました。

今のチビッコの中には『虫』を触れない子がいます。
それも少なくありません。

そして、『虫』はおもちゃ同様買ってもらう物だと言った子。
ゾゾッとしました。

・・・と言っても、近所に森があるわけでもないのでカブトムシを取りに行こうなんて簡単には言えないのも事実です。

そう思い、去年、山の畑に出向いた際に10匹ほどのカブトムシの幼虫をもらってきて大きな鉢ごと庭に埋めました。

1年経ち、白い洗濯物に運良くしがみついていたところを捕獲。

初めて飼うカブトムシにチビッコたちは大興奮。
早速まわりに自慢話を振りまいてました。

ワタシも久しぶりにワクワクしながら見てましたが、見るほどに感動するのが『昆虫』の美しさ。

形、色、その造形は全て自然から生まれる。

虫=気持ち悪い なんて単純に言う前に、一歩引いて見るだけでも面白い発見ができます。

カブトムシは自分の体重の20倍以上のものを引っ張ることができるんですよ。
すごいですねぇ。

え~っっと、ワタシの場合・・・1㌧かぁ・・・

スイマセン。安く見積もりました。。。

kabuto2

街中を走っているとニュービートルが横に並びました。
なんとなくボーッと見・・「ん?」と見直す。

ピンク色のニュービートルなんてあったっけ・・?
個人の嗜好の問題なのでかまいませんが・・・

ちなみに、ワタシはニュービートルよりビートルのほうが好きです。
余談ですが、VWビートルとVWニュービートルは別物でございます。
だから名前も『ニュー』なんてついてます。

そしてさらに余談ですが、ビートルを設計デザインしたのは『フェルディナント・ポルシェ』さん

そう。かの有名な『ポルシェ』の始まりです。

ポルシェさんもチビッコの頃は虫取りに忙しかったのでしょうか。。。

いつまでたっても格好つけたいのが男の子なんですね。



sacra




スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。