瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ドリル
gata


チビッコ餓死事件など、痛々しい出来事が蔓延してます。

子供とろくに向き合えない頭のイタい大人たちが多いわけですから、悲劇が繰り返されるのも当然なのでしょうか。

子供の生活する環境、学ぶ環境では既に格差が生まれ開いております。

うちのチビたちの通う幼稚園などは、比較的小学校からの受けもいいらしく、そのわけを聞くところ、小学校に上がる前に『ひらがな』『カタカナ』が書けて、自分のことが割りに自分で出来るから・・・だそうです。

これ聞いてどう思いますか?

見方も考え方も色々ですが。。。

例えば『ひらがな』から始まり、出来る子は簡単な漢字くらいマスターしているでしょう。そういった技術的なことがどんどん出来るようになって、それは困るわけではありませんし、また出来る我が子を見て鼻が高い親御さんたちがほとんどです。

ですが、もっとソフトの部分、『こころ』を育てていかなければこれからの社会には適応していけないと思うのですが。。

ワタシ達が子供の頃の環境と全く違うことに気付いていない親がいます。

先ずは親が学ぶことでしょうね。
人間性について・・・


幼稚園にして既に宿題を持って帰ってきます。
いやいやながらも簡単な算数が出来るようになって、文字も読み書きできて、それが遊びに活かされたときにちょっとした達成感を味わっているようです。

そこで、遊びドリルを始めました。

うちのデザイナーが先生となり、大好きな虫のお絵かきを始めました。

デザイナーの絵のまた上手いこと上手いこと!!

鉛筆画でテレビ見ながら書いたとか・・・マッタク軽くヤキモチです。

チビの喜ぶ姿から、次のドリルを待ち遠しく待つ姿がなんとも微笑ましく、こんなドリルだったら自分も欲しかったなぁ~なんて思います。


親を見て育つ子。
そんな子を見てると、自分の欠点が良くわかります。
普段の生活をしていれば感情的になるときもありますから、いかに冷静に努められるか・・そんなことを思ってしまいます。

自分にとってもドリルが必要な時期かな・・と




sacra

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。