瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
お笑いブーム
sinsho


最近『落語』を聞き出しました。

別段、きっかけほどの何かがあるわけでもなく思い立ったものですから、マッタクの素人なりに考えるところ、手始めは『名人』モノを・・と、手にとってみました。

録音技術が時代物ですから初めはノイズが気になりましたが、言葉1つ1つにしても様子が違い、古いものが逆に非常に新鮮に感じられました。

古典落語が生まれたのは17世紀後半と言われてますから、実に300年以上の歴史があります。

そして、その時代々々を背景に話は生まれ、多くの咄家によって受け継がれてきました。


まだ聞き始めですから多くを知るわけではありませんが、5代目古今亭志ん生さんの噺は面白いですね。

独特の間、語り口、お客との距離感。

中でも『火焔太鼓』がお気に入りです。


「アナログの時代の良さ」のようなものが、お客の笑い声に混じって聞こえてくるようです。


いつの時代においても『笑い』は流行り病なのでしょう。





スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。