瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
気力、もう十分
アレルギーとは、免疫機能の異常によって起こされるものです。

本来、免疫機能はウイルスや細菌といった人体に有害な働きをするものに攻撃をしかけ、無害化したり、排除し人体を守る防衛機能です。

このため、人体に対して無害なもの、有益なものに対しては働かないようになっています。これを『免疫寛容』などと言います。

この『免疫寛容』は自分自身の体に対しても働いています。

臓器移植などで他人の臓器を移植されたときには、拒絶反応がおこりますが、これも自分のもっている免疫システム上では全く正常な反応の表れです。

これは、自分と他人を見分ける能力。。。
意識しなくても持ってるんです。


久しぶりに休日に街へ。

雨も降らず天気も良かったので、タイフェスティバルまでタイ飯を食べに行こうと一同。

街の中心、道と道の間にある細長い公園では、定期的にいろいろなイベントが行われます。

名ばかりの公園。景観を保つためなのでしょう。

空気は汚く、汚れた街に溢れる人だかり。。。

お祭りは楽しいですが、どこか違和感を感じます。

以前はアジアの各地に行くとその現地の人に間違われたこともありましたが、ここでは丸っきりの日本人。

なのになじめない。。。

ほんの6,7年前まではこの街の中心で働いていたことを思うとゾッとします。

すっかりアレルギー体質になってしまいました。

口に合ったタイの味付けは、久しぶりに満足を感じさせてくれました。

お腹もふくれたのでそろそろと、ホントご飯を食べに行っただけの一日としておしまい。

帰宅後、膨れたお腹をさすりながらソファに腰を落着けたはずみに口からドリアンの香りが飛び出してきました。

好悪混在の一日はなんとも気疲れの余韻が漂います。


そうそう、丸っきり日本人のワタシですが、なぜか私の家族がタイの方に間違われていました。


無料カタログを希望の方(シザーケース)



Comment
≪この記事へのコメント≫
あっはははははははは!!!!
訂正ありがとっ!
そうだ!ったダガログだったね!
2006/06/01(木) 23:36:53 | URL | あっこちゃん #-[ 編集]
コンクリートジャングルでドリアンの香りは反則ですよねぇ。
照り返す熱気と食べ物の香りがアジアの夏を思い起こさせます。
おっと、ちなみに
カタログ語

タガログ語(訂正)

マラミサラマ
2006/06/01(木) 12:36:48 | URL | #-[ 編集]
ぶわっははははははは・・(お腹痛いです。)
笑ってごめんなさい。。。
↓これはもしや???????
そうそう、丸っきり日本人のワタシですが、なぜか私の家族がタイの方に間違われていました。
ちなみにうちの(実家)父もフィリピンの人によく
間違われてました。その昔は日に焼けていたのでいつも
間違われていました。
カタログ語も少ししゃべれたりして・・ひえぇ。。。
(夜遊びはお約束だったのかしらん?爆)

ドリアンの香りが飛び出してきました。
うっぷ。。。ドリアンの香を思い出してしまった・・・
2006/05/30(火) 20:35:48 | URL | あっこちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。