瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
おひな祭り
桃


今日は『おひな祭り』

中国から渡った風習『五節句』の一つで、桃の咲く季節から『桃の節句』と呼ばれる、本来は『上巳の節句』。

華やかなお祭りですが、実は悲しいお話が始まり・・・

むか~しむかしの中国のお話、

漢の時代の平原地方で、上の句初めの巳の日(3月3日頃)、3人の女の子が生まれ、3人とも3日後に亡くなりました。この出来事を、村中の人達が不吉なことと思い、川辺に運び、酒でよく洗って水葬しました。
そして、年を迎えても、人々は『禊祓い』に身体中に香油を塗り、川に入って沐浴するようになったそうです。
※この風習は、今でも、南方・少数民族の間では、今も残っているそうです。

そして、『三国志』で名高い『魏』では、3月3日を『上巳』とし、川で身を清め不浄を祓う習慣があったとあります。
これが平安時代に日本渡り、宮中では『宴』と『祓』のイベントとなります。無病息災を願って、『上巳』は『巳の日の祓』として、貴族の間に定着します。祈祷師や陰陽師を呼び、紙の人形『形代』を作り、それに穢れを移して川や海に流して不浄を祓いました。

これが、今も各地に残っている『流し雛』の由来です。

やがて、紙や植物で作った人形などで遊ぶママゴトのような『ひいな遊び』と融合し、行事としての広がりを見せていきます。
これは、平安時代の随筆や物語にもそのような場面が登場します。

江戸時代になると、『上巳』は、3月3日の雛節句をさす言葉として使われ、『雛祭り』として、宮中から幕府へ、武家から町民へと急速に広まり、年中行事となっていきます。
お雛さん

作られる人形は次第に精巧なものになり、『元禄』の頃にはその芸術性にピークを迎えます。

元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたのですが、この頃から、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句は『菖蒲=尚武』にかけて男の子の節句とされるようになりました。

時代を追うごとに、地域の特色もプラスされ、地方独特の行事として盛んに執り行われていきます。各地方の行事差には感心いたします。

そして、明治維新の『五節句廃止』で一時は衰退しかけますが、やがては復興し、今では海外からも注目されるお祭りとなりました。

歴史ある、お祭りなんですね。

お祭りと言えば、欠かせないのが料理です。
料理と言うかお菓子ですかね。。。

せっかくの文化行事なら、『雛ケーキ』じゃなくって、和菓子にしましょうよ。。。と思うのですが。。。

実は、この節句の食べ物にも全て意味が含まれてます。
菱餅


【菱餅】
中国では『母子草(ごぎょう)』を入れた草餅を食べる習慣があったそうです。
邪気を祓い疫病を除き、母子の健全を祈った『母子草』から『よもぎ(蓬)』を入れた餅へと変わりました。
同じく、『蓬』は古くから薬草として重宝され、またその香りには邪気を払う魔よけの力があるとされてきました。

江戸時代には、丸だった草餅を菱形に切ったものにして供えるようになりました。
これは『菱の実』の逸話である、子どもを守るという意味から菱の葉の形に似せて切った餅を供えるようになったそうです。

そして、白と緑の二色となり、やがて『淡雪の下に息づく緑、桃の花の蕾膨らむ』粋な春の風情の三色へと変わりました。

【ひなあられ】
もとは新米を煎ってはぜさせたお菓子だったようで、節句の遊びに携帯する保存食が、後に豆を入れたり砂糖で味付けしたり、色づけなどの工夫がされ、現在の形になったようです。

【白酒】
日本の祭りに欠かせない御神酒は体を清める意味があります。
餅米とうるち米が原料で搾らずにすりつぶして作るため、とろみのある白いお酒に甘さを加えてあります。

地方によっては草餅など特色があるようで、他には春らしい色の金平糖、練りきり、三盆糖を使った干菓子、ゼリーや寒天などを小さな重箱可愛らしく詰め合わせたものなどを飾ったりもするとか。。


よもぎ【×艾・×蓬】
キク科ヨモギ属の多年草。山野に生え、高さ約一メートル。よく分枝し、特有の匂いがある。羽状に切れ込みのある葉が互生し、裏面に白い毛が密生。夏から秋、淡褐色の小花を多数つける。若葉を摘み、草餅(くさもち)などを作り、餅草(もちぐさ)ともよぶ。漢方では艾葉(がいよう)といい止血などに用い、葉の裏の毛をもぐさにする。ヨモギ属にはカワラヨモギ・オトコヨモギ・ヤマヨモギなども含まれる。

ははこ‐ぐさ【母子草】
キク科の越年草。道端などに生え、高さ二〇~三〇センチ。全体に白い毛がある。葉は先が丸みを帯びたへら状で、互生。四~六月、黄色い小花を多数つける。若い苗は食用。春の七草の一で、御形(ごぎよう・おぎょう)とよばれる。こうじばな。ほうこぐさ。ほうこよもぎ。
ごぎょう


帰ったら、『ちらし寿司』と『蛤のお吸い物』だーーーっっ!
最近、『蛤』高いんですよね
ハィ。。お腹空きました・・・・


無料カタログを希望の方(シザーケース)



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。