瓶入りの手紙

この切ないくらい透き通る空と 優しく温かな海と大地との間に生きているボクらへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
けの日はれの日
4日は、おチビの入園式でした。
この1年だけ二人が一緒に通う年となるので、心して掛からねば・・・と。
nyuuenn



幼稚園の経営作戦に異論を唱えることはしませんでしたが、兄弟で制服が違うのはやはり違和感を感じます。
(フゥ~、出費がかさむヮ)

そんなことも、初めての親御さん方からすると全くもって関係なく、目に入れても痛くない我が子等に向かって、しきりに手を降る姿はいつ見ても滑稽すぎます。

周りの迷惑を一切考えない親の多いこと多いこと。。。マッタク。


この日の為にいろいろはりきって準備したのでしょう。
その気持ちはわかりますが。。。

入園式が挨拶とともに始まろうとしても、園児席と壇上の間に群がるチチハハは退くそぶりも見せずレンズを子供に向け続けます。。

副園長の何度かの促しによって、やっと横に移動しても、「○○ちゃ~ん」「△△くぅ~ん」と手を振り、無視。

『常識』とか『普通』などの言葉で片付けるのは難しいですが、それでも目に余る親が多いことに気持ちが悪くなってきます。

そのくせ、幼稚園の対応が悪いとか、安心したいからとか、親の『我・エゴ』が、子供の環境を台無しにし、問題が起これば自分は知らないなんて言いたい放題の皆様。


今年初めての試みだとかで、『説明会』がありました。

幼稚園側からすると、親に強く言えない分、幼稚園の考え・取り組み、園児の社会に対して、もう少しでも理解してもらいたいのでしょう。
とくとくと説明してました。

珍しいな。と、聞いてみれば、脅迫めいたお手紙を頂いたそうだとか。。理由も、『エコヒイキ』ですって。。。
恐い世の中ってのは、あなた方が作っているんですよ。


納得できるもの、疑問に思うことと織り交ぜながらの先生の引きつった顔に見飽きた頃、お母さん達への質問タイム。

多くのお母さん達からの質問や提案は聞くに及ばず、自分勝手なリクエストを羅列し、通らなければ「エコヒイキ」だとか「少数派のフォローも考えて」とか好き放題。。。

ヒドイ。
これが、年を追うごとに強くなっている感があります。

子は親を見て育つわけですから、親の教育から取り掛からない限り、何も変わらない『不安』の世の中にどんどん突き進んでいくことに疑問を持たないのでしょうか・・・



子供は可愛いです。
ホントにキラキラしています。
泣いたり笑ったり怒ったり、本人と同じ目線で接する社会ですから伸び伸びしています。

ですが、残念ながら、生まれてからの4年間を親のマスコット的な扱いだけで可愛がられ、『良い・悪い』の区別も教えてもらってない子達は可哀想です。

『ありがとう、ごめんなさい』が言えない子が多いこと。。

ここまでを読んでも『当たり前じゃん』『何がおかしいの?』と思われる方は、今の内にカウンセリングでも受けたほうがよろしいかと思います。
そのうち、育児放棄につながりますよ。

子供を『育てる=躾ける』は我が子に対してだけのことではなく、関係を持つ周りのお友達にも大きく影響を与えていくことになります。

自分の子供を育てることで、周りの子供達を育てていくことに繋がり、やがて子供社会を変えていけるきっかけになることにもっと敏感にならなければいけないと思います。



久しぶりに書こうと思ったら、ついつい鬱憤が出てしまいました。
お子様がおられない方には興味の無いお話ですよね。

スイマセン。。。



無料カタログを希望の方(シザーケース)


Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。